ご契約の流れ

住まいの環境は、生活の中でも重要なポイントの一つです。お引越しを決めたなら、物件探しから契約・引越しといろいろな手続きが必要になり、何かと慌ただしくなります。手続きをスムーズに進めるためのポイントをご紹介いたします。

条件を決める

引越しをする際、当然、まず最初に引越し先を探さなければなりません。ここで、何も考えずに不動産屋さんに行って、漠然と「いい部屋に住みたいんですけど…」なんて言ったところで、探す不動産屋さんも困ってしまいます。効率よく部屋探しをするためにも、住みたい部屋の条件を、まず最初に整理しておきましょう。

家賃について

家賃については、収入の3分の1までが目安です。注意しなければいけないのは、家賃の他にも管理費・共益費などがかかるケースがあることです。車があれば、当然駐車場代もかかります。トータルで3分の1以下に収まるようにしましょう。 ここで無理をすると、後々の生活が大変になってしまいます。

場所について

場所についても、ある程度の目安をつけておいた方が物件を探しやすくなります。目的地(学校・職場)までの距離、時間はどの程度許容範囲なのか、また、交通機関は何を使うのかも考えておきましょう。一般的に、交通の便がよくなればなるほど、家賃相場は上がってきます。家賃を重視して多少の不便さには目をつむるのか、どうするのか。ある程度は自分の中で整理しておきましょう。

間取りについて

自分のライフスタイルに合った間取りを考えておきましょう。荷物が多いのであれば、収納も大きなポイントとなります。

その他

上記の他にも、条件は色々とあるはずです。例えば、「風呂・トイレは別々がいい」、「見晴らしのいい最上階がいい」、「キッチンは広めがいい」、「築年は新しい方がいい」など。恐らく言い出したらきりがないでしょう。 まずは、ランダムに自分の希望する条件を紙に書いてみることです。そして次に、その条件に対して自分なりの優先順位をつけましょう。後々、実際に物件を探すときの基準となります。

情報収集

さて、ある程度自分の希望条件が固まってきたら、情報収集に入ります。実際に不動産屋に足を運ぶ前に、情報誌・インターネットを活用して、自分が住みたいと思っている地域の家賃相場を、ある程度調べておきましょう。いざ調べてみるとわかりますが、自分の希望を100%満たすような物件は、ほとんど皆無に等しいのが現実です。自分の予算では希望する場所には住めない。場所はいいんだけど、築年が古い。などなど…どこかで必ず妥協する必要が出てきます。
自分が希望する地域の家賃相場を調べ、「1.条件を決める」で決めた条件を修正していきましょう。

下見

ある程度情報収集をしたら、不動産屋さんにコンタクトを取り、実際に足を運んでみましょう。自分の希望する条件がちゃんと整理されていたら、不動産屋さんにしっかりそれを伝えましょう。紹介された物件の中で気に入ったものが出てきたら、実際に物件を下見します。数多くの物件を見ると、後々本当に悩んでしまいます。
自分の条件を紙などに書いておき、どれがクリアされていて、どれがクリアされていないのか、ちゃんとまとめながら物件を見ると、後々非常に役に立ちます。できることなら、下見のときに周辺の環境もしっかりと把握するようにしておきましょう。周りにはどんな施設があるのか、駅までは実際にどのくらいかかるのか、日常の買い物をする場所はどこになるのか、夜の人通りはどんな感じなのか。これらの情報は、物件資料からはなかなかわかりにくい部分ですから、下見の時にちゃんと確認しておくようにしましょう。

日当たり

気分や冷暖房費に関わります。午前中に下見をするのがオススメ。

収納

収納量、使い勝手はもちろん、奥行きなどにしっかり測っておきましょう。

コンセントの数

これにより家具の配置が決まります。間取図などに書き込んでおきましょう。

洗濯機置き場

専用蛇口・排水口の有無を忘れずにチェックしましょう。

セキュリティー

外から室内が覗かれないか、ピッキングされやすい鍵でないか。

冷暖房機

すでに設置されているのか、あるいは設置は可能か。

家具の配置スペース

すでに家具を持っている場合はそれを置くことができるか。

ベランダ

洗濯物や布団が干せるか。

室内の汚れ、破損

あとでトラブルにならないためにもチェックしておきましょう。

契約

条件にあった物件が決まったら、いよいよ契約です。 契約時には、一般的に以下の書類が必要になってきます。詳しくは、契約をする不動産屋さんに確認を取っておきましょう。

  • 住民票
  • 収入を証明する書類(源泉徴収票、納税証明書、確定申告の写し等)
  • 印鑑および印鑑証明書
  • 連帯保証人の印鑑証明書、住民票、収入を証明する書類

契約当日、不動産屋さんより重要事項の説明を受けてから契約という流れになります。わからない点が出てきたときは、その都度必ず説明を受けるようにしましょう。後々のトラブル回避になります。特に気を付けておかなければならないのが、「禁止事項」と「特約事項」です。退去時のトラブルも非常に多いので、原状回復については、内容をしっかり聞いておくようにしましょう。
全て納得した上で印鑑を押すようにしましょう。

引越し

さて、契約が終われば、いよいよ新居への引越しに向けて準備を開始します。役所への手続き、電気・ガス・水道等の使用開始届け、郵便物の転送願い、やらなければならないことはたくさんあります。直前になってバタバタしなくていいように、前もって計画を立てて準備しておきましょう。